FP2級過去問題 2018年5月学科試験 問5

問5

老齢厚生年金の繰上げ支給および繰下げ支給に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)の受給開始年齢が62歳の者が、61歳で老齢厚生年金の繰上げ支給を請求するときは、その請求と同時に老齢基礎年金の繰上げ支給の請求もしなければならない。
  2. 老齢厚生年金の繰上げ支給を請求して受給権が発生した後は、その裁定の取消しや変更はできない。
  3. 老齢厚生年金の繰下げ支給の申出は、老齢基礎年金の繰下げ支給の申出とは別に行うことができる。
  4. 老齢厚生年金の繰下げ支給による年金の増額率は、繰り下げた月数に0.5%を乗じて得た率で、最大30%となる。

正解 4

解説

  1. 適切。老齢厚生年金の繰上げ支給を請求するときは、その請求と同時に老齢基礎年金の繰上げ請求もしなければなりません。
  2. 適切。老齢厚生年金の繰上げ支給を請求した場合は、受給権発生後に請求の取消しを申し出ても取消し・変更はできません。
  3. 適切。老齢厚生年金の繰下げ支給の申出と老齢年金の繰下げ支給の申出は同時に行う必要はなく、それぞれに繰下げ時期を選択できます。
  4. [不適切]。老齢厚生年金の繰下げ支給による年金の増額率は、繰り下げた月数に0.7%を乗じて得た率です。最大で60カ月(5年)を繰下げられるので、増額率は最大42%となります。よって記述は不適切です。
したがって不適切な記述は[4]です。