FP2級過去問題 2016年9月学科試験 問47

問47

建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 敷地利用権は、専有部分を所有するための建物の敷地に関する権利であり、当該権利は所有権でなければならない。
  2. 専有部分の占有者は、区分所有者が規約または集会の決議に基づいて負うすべての義務と同一の義務を負う。
  3. 管理者は、少なくとも毎年1回、集会を招集しなければならない。
  4. 区分所有建物の建替えには、区分所有者および議決権の各3分の2以上の賛成による集会の決議を必要とする。

正解 3

解説

  1. 不適切。敷地利用権は専有部分を所有するための建物の敷地に関する権利であり、所有権及び賃借権があります。
  2. 不適切。専有部分の占有者は建物・敷地等の使用方法に関する事項のみ効力が及び、管理方法に関する規約の効力は及びません。
  3. [適切]。区分所有法では「管理者は、少なくとも毎年1回集会を招集しなければならない。」と定めています。よって記述は適切です。
  4. 不適切。建物の建替えには、集会で区分所有者および議決権の各5分の4以上の賛成の議決が必要になります。
したがって適切な記述は[3]です。