FP2級過去問題 2018年9月学科試験 問45

問45

都市計画法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 都市計画区域内において、用途地域が定められている区域については、防火地域または準防火地域のいずれかを定めなくてはならない。
  2. 都市計画法の規定によれば、市街化調整区域は、おおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域とされている。
  3. 分筆は、その行為が建築物の建築または特定工作物の建設を目的としていなくても、都市計画法上の開発行為に該当する。
  4. 土地区画整理事業の施行として行う開発行為には、都道府県知事等の許可を必要としない。

正解 4

解説

  1. 不適切。防火地域または準防火地域は、都市計画区域内の土地について任意で定めることができます。「用途地域を定めた区域には必ずどちらかを指定しなければならない」という規定はありません。
  2. 不適切。都市計画区域は、市街化区域・市街化調整区域・非線引き区域に区分されます。市街化調整区域は、市街化を抑制する区域とされ、市街化区域と比較して開発行為や建築物の建築等が制限されています。
  3. 不適切。分筆とは、土地を分割して複数の土地に分けることをいい、開発行為には該当しません。
  4. [適切]。都市計画区域・準都市計画区域で一定の開発行為を行おうとする者は、原則として事前に都道府県知事等の許可が必要になりますが、土地区画整理事業・市街地再開発事業等として行う開発行為は、都道府県知事等の許可は必要ありません。よって記述は適切です。
したがって適切な記述は[4]です。