FP2級過去問題 2019年5月学科試験 問21

問21

銀行等の金融機関で取り扱う預金の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 期日指定定期預金は、据置期間経過後から最長預入期日までの間で、預金者が指定した日を満期日とすることができる。
  2. 貯蓄預金は、給与や年金などの自動受取口座や、公共料金などの自動振替口座として利用することができる。
  3. デリバティブを組み込んだ仕組預金には、金融機関の判断によって満期日までの期間が変更される商品がある。
  4. スーパー定期は、市場金利の動向等に応じて、各金融機関が預金金利を設定する商品である。

正解 2

解説

  1. 適切。期日指定定期預金は、据置期間経過後から最長預入期日までの任意の日を満期日として指定できます。
  2. [不適切]。貯蓄預金は、給与、年金、配当金の受取や公共料金の自動引落しには利用できません。
  3. 適切。仕組預金は、デリバティブを預金商品に組み込んだものです。仕組預金は通常の預金よりも高金利ですが、満期まで原則として解約ができず、金融機関が満期日を選択できる権利を持っています。預金という名が付いていますが、元本割れの可能性もあるリスク商品です。
  4. 適切。スーパー定期預金は、市場金利を基準として、各金融機関がそれぞれ預金利率を設定することができます。
したがって不適切な記述は[2]です。