FP2級過去問題 2017年5月学科試験 問19

問19

第三分野の保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. ガン保険の入院給付金には、1回の入院での支払限度日数や保険期間を通じて累計した支払限度日数は定められていない。
  2. 特定(三大)疾病保障定期保険では、保険期間中に特定疾病保険金の支払事由に該当せずに死亡した場合、死亡保険金が支払われる。
  3. 介護保険では、被保険者が公的介護保険の介護サービスを利用した場合の自己負担額を限度に介護年金が支払われる。
  4. リビング・ニーズ特約は、被保険者の余命が6ヵ月以内と判断された場合に、死亡保険金の一部または全部のうち保険会社が定めた金額の範囲内で生前に請求することができる特約である。

正解 3

解説

  1. 適切。ガン保険はガンに罹患した場合、入院給付金や手術給付金などが支払われる保険です。入院給付金について1回の入院での支払限度日数及び保険期間を通じて累計した支払限度日数は定められていません
  2. 適切。特定(三大)疾病保障定期保険は、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中に罹患し所定の状態になったとき、生前に死亡保険金と同額の保険金が支払われる保険です。保険期間中に特定疾病保険金の支払事由に該当せずに死亡または高度障害になった場合でも、死亡保険金が支払われます。
  3. [不適切]。介護保険では、所定の介護状態となりその状態が一定期間継続した場合、事前に定められた額の介護保険金が支払われます。
  4. 適切。リビング・ニーズ特約は、原因を問わず被保険者の余命が6ヵ月以内と判断された場合に、死亡保険金の一部または全部のうち保険会社が定めた金額の範囲内で生前に前払請求することができる特約です。なお、リビングニーズ特約にかかる保険料は無料です。
したがって不適切な記述は[3]です。