FP2級過去問題 2017年5月学科試験 問13

問13

個人年金保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 確定年金では、年金受給開始前に被保険者が死亡した場合、被保険者の相続人が契約時に定められた年金受取総額を死亡給付金として受け取ることができる。
  2. 保証期間付終身年金では、保証期間中に被保険者(=年金受取人)が死亡した場合、被保険者の相続人が残りの保証期間に対応する年金または一時金を受け取ることができる。
  3. 外貨建て個人年金保険では、円換算特約を付加することで、為替変動があっても円貨で受け取る場合の年金受取総額が既払込保険料相当額を下回ることはない。
  4. 変額年金では、解約した場合に受け取る解約返戻金の額が運用実績によって増減するが、その額は既払込保険料相当額が最低保証されている。

正解 2

解説

  1. 不適切。確定年金は生死にかかわらず支払期間が確定している年金で、年金受給開始前に被保険者が死亡した場合は、既払込保険料相当額が死亡保険金として支払われます。
  2. [適切]。保証期間付終身年金は、一定の保障期間については被保険者の生死にかかわらず給付が保証されますが、被保険者が死亡した場合、相続人が「残りの保証期間に対応する年金または一時金」を受け取ることができます。
  3. 不適切。円換算特約は、外国通貨建ての契約に付加することで支払い時に「円に換算して取り扱われること」が目的の特約であり、為替リスクの回避とは関係がありません。為替変動があった場合、影響を受け、年金受取総額が既払込保険料相当額を下回ることがあります。
  4. 不適切。変額年金は、払い込んだ保険料を運用しその実績によって年金額が変動しますが、解約した場合の最低保証はなく、解約返戻金が支払保険料を下回る可能性もあります。
したがって適切な記述は[2]です。