FP2級過去問題 2019年9月学科試験 問13

問13

個人年金保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 外貨建て個人年金保険は、年金を円貨で受け取る場合、為替相場の変動によっては、年金受取総額が既払込保険料相当額を下回ることがある。
  2. 変額個人年金保険は、保険料を特別勘定で運用し、その運用実績によって将来受け取る年金額や解約返戻金額が変動する。
  3. 個人年金保険(有期年金)の保険料は、被保険者が同年齢で、基本年金額や保険料払込期間、年金受取開始年齢などの契約内容が同一の場合、個人年金保険(確定年金)よりも高くなる。
  4. 個人年金保険(終身年金)の保険料は、被保険者が同年齢で、基本年金額や保険料払込期間、年金受取開始年齢などの契約内容が同一の場合、被保険者が女性である方が男性であるよりも高くなる。

正解 3

問題難易度
肢14.5%
肢25.6%
肢372.8%
肢417.1%

解説

  1. 適切。外貨建て個人年金保険で年金を円貨で受け取る場合、受取時の為替が契約時よりも円高になっていると、為替差損により年金受取総額が既払込保険料相当額を下回ることがあります。
  2. 適切。変額個人年金保険は、株式や債券などを中心に特別勘定で資産運用し、運用実績によって死亡保険給付金額や解約返戻金額、年金額が増減する保険です。
  3. [不適切]。有期年金と確定年金の違いについて確認しておきましょう。
    有期年金
    契約時に定めた期間、被保険者の生存している間のみ年金が支払われる
    確定年金
    契約時に定めた期間、被保険者の生死にかかわらず年金が支払われる
    年金支払いの性質から確定年金の方が平均給付額が多くなるため、有期年金よりも確定年金の方が保険料は高くなります。
  4. 適切。終身年金は、被保険者が生存中は継続して年金が支払われる保険です。女性の方が平均余命が長い分、平均給付額が多くなるため、他の条件が同じであれば保険料は女性の方が高くなります。
したがって不適切な記述は[3]です。