FP2級過去問題 2014年1月学科試験 問12

問12

生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 生存給付金付定期保険の被保険者が死亡した場合、保険金額からすでに支払われた生存給付金の額を差し引いた金額が死亡保険金として支払われる。
  2. 逓増定期保険は、保険期間の経過に伴い保険金額が所定の割合で増加するが、保険料は保険期間を通じて一定である。
  3. 一時払定額終身保険は、契約後いつ解約しても解約返戻金が払込保険料を下回ることはない。
  4. 養老保険の被保険者が保険期間満了まで生存した場合、死亡・高度障害保険金の80%相当額が満期保険金として支払われる。

正解 2

解説

  1. 不適切。生存給付金付定期保険は、死亡保険金額とは別に生存給付金が設定されているので、死亡保険金は満額受け取れます。
  2. [適切]。逓増定期保険とは、保険期間の経過に伴い保険金額が所定の割合で増加しますが、保険料は保険期間を通じて一定である保険です。よって記述は適切です。
  3. 不適切。一時払定額終身保険の解約返戻金は、年々増えていきますが、契約当初は払込保険料を下回ることがあります。
  4. 不適切。養老保険の被保険者が保険期間満了まで生存した場合は、死亡・高度障害保険金の同額の満期保険金が支払われます。
したがって適切な記述は[2]です。